​「風待ちの丘」

かつて日本海諸港と大阪を結ぶ西廻り海運の発達により、船乗りの休養地であった西郷港。
日本海に発達する東、西の風が吹く航海の時期まで船乗りは港で風待ちをしました。
隠岐に独自の文化をもたらし港が繁栄し、人々へ活力を生んだ航海の風を受けとめる玄関口、「風待ちの丘」をつくります。
そこは隠岐にたどり着いた人々や隠岐で暮らす人々が沖乗り航海の風を通して当時の文化を肌で感じ、人々に受け継がれる風の歴史を未来へつなぐ場になります。

data

所在地 :島根県隠岐の島郡隠岐の島町

用途  :隠岐の島町西郷港周辺地区デザインコンペ

入選  :上位18選